NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

東日本ひがしにほん大震災だいしんさい被害ひがいがあった釜石市かまいししでラグビーの試合しあい

Story illustration

2011ねん東日本ひがしにほん大震災だいしんさいのとき、地震じしん津波つなみおおきな被害ひがいがあった岩手県いわてけん釜石市かまいししで25にち、ラグビーのワールドカップの試合しあいがありました。フィジーとウルグアイが試合しあいをしました。

試合しあいまえ釜石市かまいしし小学生しょうがくせい中学生ちゅうがくせいおおきなはたって会場かいじょうはいりました。はたには釜石市かまいししたすけてくれた世界せかいひとへの感謝かんしゃ気持きもちが英語えいごいてありました。このあと選手せんしゅたちが会場かいじょうはいって、地震じしん津波つなみくなったひとたちのために、みんなでしずかにいのりました。

試合しあい会場かいじょうになったスタジアムは、地震じしん津波つなみこわれた小学校しょうがっこうがあったところです。会場かいじょうでは1まん4000にん試合しあいました。釜石市かまいしし漁業ぎょぎょうさかんなので、たくさんさかながとれたときにふねかざはたって応援おうえんするひともいました。

試合しあいはウルグアイが30−27でちました。ウルグアイのキャプテンは「釜石市かまいしし試合しあいができたことをほこりにおもいます」とはなしました。