NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

iPS細胞さいぼうから2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつく

iPS細胞さいぼうは、からだのいろいろな部分ぶぶんわることができる細胞さいぼうです。

東京医科歯科大学とうきょういかしかだいがく武部たけべ貴則たかのり教授きょうじゅのグループは、iPS細胞さいぼうから肝臓かんぞうやすいぞうなど2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつくったと発表はっぴょうしました。

グループは最初さいしょに、ひとのiPS細胞さいぼう消化器しょうかきわるまえまでそだてました。そして、ちが臓器ぞうきになる細胞さいぼうひとつにわせてそだてると、肝臓かんぞうとすいぞうと、両方りょうほうをつなぐ胆管たんかん一度いちどにできました。おおきさはやく1cmで、おかあさんのおなかなかにいる1かげつあかちゃんの臓器ぞうきおなじぐらいです。肝臓かんぞうから液体えきたいながれて、臓器ぞうきはたらくこともわかりました。

iPS細胞さいぼうから2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつくったのは世界せかいはじめてです。グループはこれから、血管けっかんなどもつくって、ひと移植いしょくして病気びょうきなおすために使つかいたいとはなしています。