NHK News Web Easierイーシア

Single Story

百日ひゃくにちせき」で去年きょねん500にん以上いじょうあかちゃんやどもが入院にゅういん

Story illustration

百日ひゃくにちせき」は、あかちゃんやちいさいどもなどがなるせきがつづ病気びょうきです。日本にっぽんは1945ねんごろこの病気びょうきになったひとの10%ぐらいがくなっていたため、1950ねんからワクチンを注射ちゅうしゃするようになりました。

日本医療研究開発機構にほんいりょうけんきゅうかいはつきこうが10のけん病院びょういん調しらべて計算けいさんすると、日本にっぽん去年きょねん百日ひゃくにちせきで入院にゅういんしたどもは500にん以上いじょうになりました。このなかの80にんぐらいはとても危険きけん状態じょうたいでした。

百日ひゃくにちせきのワクチンは、1さいまでに3かい、そのあとに1かい注射ちゅうしゃをすることになっています。しかし、ワクチンの効果こうか注射ちゅうしゃして4ねんぐらいぎるとひくくなります。

調しらべたひとは「ヨーロッパなどでは、小学生しょうがくせい妊娠にんしんしているひとにワクチンをまた注射ちゅうしゃして、あかちゃんなどに百日ひゃくにちせきがうつらないようにしています。日本にっぽんもワクチンをいつ注射ちゅうしゃするかなどをもう一度いちどかんがえたほうがいいとおもいます」とっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)