NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ふねばくした男性だんせい ローマ教皇きょうこう手紙てがみおく

Story illustration

漁船ぎょせんっていた大石おおいし又七またしちさんは65ねんまえの1954ねん太平洋たいへいようにいたとき、アメリカがおこなった水爆すいばく実験じっけんばくしました。ふねっていた23にんばくして、ながあいだ入院にゅういんしました。85さい大石おおいしさんも、肝臓かんぞうのがんやはい病気びょうきになって、ながあいだくるしんできました。

船で被ばくした男性 ローマ教皇に手紙を送る

大石おおいしさんは、ローマ・カトリック教会きょうかいのフランシスコ教皇きょうこう原爆げんばくとされた長崎ながさき広島ひろしまることをって、手紙てがみおくりました。

手紙てがみでは、水爆すいばく実験じっけんふねばくしたことや、くるしんでくなった仲間なかまのことをきました。そして、「この事件じけんのことをらないひとおおいですが、わすれてはいけないとおもいます。核兵器かくへいきがない未来みらいにするために、平和へいわへのねがいを発表はっぴょうしてください」ときました。

ローマ教皇きょうこうは23にち日本にっぽんて、24日にじゅうよっか長崎ながさき広島ひろしまきます。