NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

少年しょうねん写真しゃしんったひと息子むすこにローマ教皇きょうこう

Story illustration

24日にじゅうよっか、キリストきょうのローマ・カトリック教会きょうかいのフランシスコ教皇きょうこうは、戦争せんそうのとき原爆げんばくとされた長崎ながさきで、平和へいわについてはなしをしました。ローマ教皇きょうこうよこには「少年しょうねん」という写真しゃしんがありました。ローマ教皇きょうこういままでもこの写真しゃしん使つかって平和へいわ大切たいせつさをつたえていました。

この写真しゃしんは、アメリカのカメラマンのジョー・オダネルさんが、原爆げんばくとされたあとの長崎ながさきりました。10さいぐらいのおとこが、じたどもを背負せおっている写真しゃしんです。ジョーさんは「おとこくなったおとうと火葬かそうするためにっていました」と説明せつめいしていました。

ローマ教皇きょうこうはなしわると、ジョーさんの息子むすこのタイグ・オダネルさんにって、あいさつをしました。

タイグさんは「世界中せかいじゅうひとちち写真しゃしんて、長崎ながさきかなしい経験けいけんけっしてかえしてはいけないとおもったでしょう」とはなしました。