NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「ゲームをながくすると仕事しごと健康けんこう問題もんだいる」はじめて調査ちょうさ

WHOは、生活せいかつ問題もんだいるくらいゲームをしているひとは、「ゲーム障害しょうがい」という病気びょうきだとっています。

ゲーム障害しょうがいについて調しらべるため、久里浜くりはま医療いりょうセンターは、ゲームをしている10さいから29さいの4400にん日本にっぽんはじめて調査ちょうさしました。

にちにゲームをする時間じかんくと、1時間じかんよりすくないひとは40.1%でしたが、6時間じかん以上いじょうひとも2.8%いました。

ゲームの時間じかんが1時間じかんよりすくないひとなかでは、勉強べんきょう仕事しごとができなくなってもゲームをつづけたひとは1.7%でした。ねむることができなくなったり、こころ問題もんだいたりしてもゲームをつづけたひとは、2.4%でした。

しかし、6時間じかん以上いじょうしているひとなかでは、勉強べんきょう仕事しごとができなくなってもゲームをつづけたひとが24.8%いました。ねむることができなくなったりしてもゲームをつづけたひとも37.2%いました。

ゲームをする時間じかんながひとは、仕事しごと健康けんこうおおきな問題もんだいていることがわかりました。