NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

東海道新幹線とうかいどうしんかんせんあたらしい「N700S」が7がつ1日ついたちからはし

Story illustration

東海道新幹線とうかいどうしんかんせんは、1964ねんはじめて「東京とうきょうオリンピック」をひらいたとしはしはじめました。今年ことしなつ、2かいの「東京とうきょうオリンピック」があります。JR東海とうかいは、東海道新幹線とうかいどうしんかんせんで「N700S」というあたらしい新幹線しんかんせんを7がつ1日ついたちから使つかうことをめました。

「N700S」は、いま新幹線しんかんせんよりブレーキがよくなっていて、地震じしんがあっても安全あんぜん運転うんてんできるようになっています。停電ていでんになってもバッテリーでしばらく運転うんてんできます。

せきはゆっくりすわることができて、全部ぜんぶせきにコンセントがあります。安全あんぜんのためのカメラはいままでよりおおくして、1りょうに6だいけます。