NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

障害しょうがいがある19にんされてくなった事件じけん裁判さいばんはじまる

神奈川県かながわけん相模原市さがみはらしで4ねんまえ障害しょうがいのあるひと生活せいかつする施設しせつで、19にんされてくなりました。8日ようか、この事件じけん逮捕たいほされた植松うえまつさとし被告ひこく裁判さいばんはじまりました。

裁判さいばん植松うえまつ被告ひこくは19にんころしたことなどをみとめました。

そのあと弁護士べんごしが「被告ひこく事件じけんこしたとき精神せいしん障害しょうがいがありました。責任せきにんをとるちからがなかったので、つみになりません」といました。

植松うえまつ被告ひこくは「みなさまふかくおわびします」とあやまったあときゅうに、自分じぶんくちれようとしてあばれました。このため、午後ごご被告ひこく出席しゅっせきしないで、裁判さいばんつづきました。

植松うえまつ被告ひこく障害しょうがいがあるひと差別さべつするかんがえで事件じけんこしたとっています。東京大学とうきょうだいがく先生せんせい障害しょうがいがある熊谷くまがい晋一郎しんいちろうさんは裁判さいばんのあと、「どうして事件じけんこったのか、おも障害しょうがいがあるひと社会しゃかいとの関係かんけいなどいろいろなことからかんがえてほしいです」とはなしていました。

裁判さいばん判決はんけつは3がつ予定よていです。