NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

兵庫県ひょうごけん 西宮神社にしのみやじんじゃ令和れいわになってはじめての「福男ふくおとこえらび」

兵庫県ひょうごけん西宮市にしのみやし西宮神社にしのみやじんじゃでは、毎年まいとしがつ10日とおかあさに「福男ふくおとこえらび」をおこなっています。「福男ふくおとこえらび」は、商売しょうばいがうまくいくようにいのる「十日とおかえびす」のときにおこな行事ぎょうじです。「福男ふくおとこ」は幸運こううんひとという意味いみです。神社じんじゃもんから中心ちゅうしん建物たてものまではしってはやいた3にんが「福男ふくおとこ」になります。

今年ことし元号げんごう令和れいわになってはじめての「福男ふくおとこえらび」で、5000にんぐらいが参加さんかしました。午前ごぜん太鼓たいこおとって神社じんじゃもんひらくと、そとっていたひとたちは建物たてものまでの230mを一生懸命いっしょうけんめいはしりました。

ばんになったのは大阪おおさか堺市さかいしむ33さい高校こうこう先生せんせいで、「まわりのひとすこしでもふくけることができるようにしたいです」とはなしていました。