NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

あたらしいコロナウイルス 診察しんさつのための窓口まどぐち病院びょういんにつくる

Story illustration

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、あたらしいコロナウイルスがうつったかもしれないひと診察しんさつするための窓口まどぐちを、おおきな病院びょういんなどにつくることにしました。

窓口まどぐち名前なまえは「帰国者きこくしゃ接触者せっしょくしゃ外来がいらい」です。この窓口まどぐちは、まちなどのグループのなかに1つ以上いじょうつくります。東京都とうきょうと場合ばあい、80ぐらいの病院びょういんにこの窓口まどぐちができます。

この窓口まどぐちでは、ほかの病気びょうき病院びょういんひとにウイルスがうつらないように、べつ部屋へや診察しんさつして、必要ひつよう検査けんさをします。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは、この窓口まどぐちがどの病院びょういんにあるか発表はっぴょうしません。

あたらしいコロナウイルスがうつったかもしれないとおもったひとは、まず保健所ほけんじょ相談そうだんセンターに電話でんわしてください。相談そうだんいた保健所ほけんじょ必要ひつようだとおもったら、病院びょういん紹介しょうかいします。相談そうだんセンターの電話でんわ番号ばんごうは、もうすぐ厚生労働省こうせいろうどうしょうのホームページでることができます。