NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

電車でんしゃなか痴漢ちかん車掌しゃしょうらせるスマートフォンのアプリ

電車でんしゃなかからださわられたりする「痴漢ちかん」の被害ひがいをなくすため、JR東日本ひがしにほんはスマートフォンのアプリを使つかったシステムをつくりました。

このシステムでは、痴漢ちかんにあったときにスマートフォンのアプリのボタンをすと、その電車でんしゃ車掌しゃしょう連絡れんらくができます。どの車両しゃりょう痴漢ちかんにあったかもらせることができます。連絡れんらくがあると、車掌しゃしょうは「5ばん車両しゃりょうのお客様きゃくさまから痴漢ちかん連絡れんらくがありました」などと放送ほうそうして、電車でんしゃっているひとたちにらせます。

痴漢ちかんにあったひとこえして「たすけて」とうことができなくても、このシステムを使つかうとまわりのひとらせることができます。

JR東日本ひがしにほんは2がつわりごろから電車でんしゃ実験じっけんをして、このシステムがどのくらいやくつかなどを調しらべます。