NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

避難勧告ひなんかんこく避難指示ひなんしじ 意味いみただしくわかるひとは17.7%

Story illustration

ひどいあめなどで災害さいがい危険きけんがあるとき、まちむらは「避難勧告ひなんかんこく」や「避難指示ひなんしじ」という情報じょうほうします。「避難勧告ひなんかんこく」は、避難ひなんはじめてほしいときにます。「避難指示ひなんしじ」がるときは、避難ひなんはじめるときはぎているので、安全あんぜんをつけてすぐに避難ひなんすることが必要ひつようです。

くには、去年きょねん台風たいふう19ごうなどで被害ひがいがあったところひとたちに、この2つの情報じょうほう意味いみっているかきました。

こたえた3000にんぐらいのなかで、どちらもただしくわかっていたひとは17.7%だけでした。避難ひなんしなければならないのはいつかくと、「避難指示ひなんしじ」とこたえたひとは40%、「避難勧告ひなんかんこく」とこたえたひとは26.4%でした。「避難指示ひなんしじ」がるまで避難ひなんはじめないひとおおいことがわかりました。

専門家せんもんかは「避難勧告ひなんかんこくても避難ひなんはじめないひとおおいので、2つではなくて1つの情報じょうほうにする必要ひつようがあるかもしれません」とはなしました。