NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

宇宙うちゅうごみ」の問題もんだい日本にっぽん国連こくれん協力きょうりょくする

宇宙うちゅうには、使つかわなくなった人工衛星じんこうえいせいやロケットの一部いちぶなど、たくさんの「宇宙うちゅうごみ」があって、問題もんだいになっています。

日本にっぽん国連こくれん6日むいか、オーストリアのウィーンにある国連こくれん宇宙部うちゅうぶ署名しょめいをして、「宇宙うちゅうごみ」の問題もんだい協力きょうりょくしていくことをめました。これから日本にっぽん国連こくれんはこの問題もんだい世界せかいらせて、ごみをかたづけるための研究けんきゅう一緒いっしょにしていきます。

この問題もんだい国連こくれん協力きょうりょくするくには、日本にっぽんはじめてです。日本にっぽんは、2025年度ねんどごろまでに「宇宙うちゅうごみ」のなかおおきなものかたづけることができるようにしたいとかんがえています。

ウィーンにある国連こくれん日本にっぽん代表部だいひょうぶ引原ひきはら大使たいしは「宇宙うちゅう活動かつどうするとき、いちばん問題もんだいになるのが宇宙うちゅうごみです。日本にっぽん宇宙うちゅうごみについてなが経験けいけんがあるので、協力きょうりょくしていきたいとおもいます」とっています。