NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

東京とうきょううみで「ゴカイ」というものあたらしい種類しゅるいつかる

Story illustration

「ゴカイ」はうみにいるむしのようなもので、日本にっぽんには1200種類しゅるいぐらいいます。

国立こくりつ極地きょくち研究所けんきゅうしょ東邦大学とうほうだいがくのグループは、東京とうきょうのお台場だいばうみで、あたらしい種類しゅるいのゴカイをつけました。つけたうみは、東京とうきょうオリンピックとパラリンピックでトライアスロンなどをおこな会場かいじょうです。グループはふかさ5mぐらいのうみそこつけたとっています。

このゴカイは「コイソメ」というちいさなゴカイの仲間なかまです。からだながさは1cmぐらいで、なみのようなあたまかたちをしているため、名前なまえは「ナミウチコモチコイソメ」になりました。

グループによると、からだちいさいですがつよがあって、んださかななどをべています。このため、このゴカイはうみ掃除そうじをして、みずよごれないようにすることにやくっているとグループはかんがえています。