NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

最初さいしょはかぜだとおもってウイルスを心配しんぱいしなかった」

Story illustration

あたらしいウイルスがうつって入院にゅういんしている20だい女性じょせいが、最初さいしょからだ具合ぐあいなどについてはなしました。

この女性じょせいの60だい母親ははおやは、北海道ほっかいどう札幌市さっぽろしにある、おさけやカラオケをたのしむみせはたらいていました。このみせはたらひときゃくなど6にんあたらしいコロナウイルスがうつっています。母親ははおやは、先月せんげつわりからからだ具合ぐあいわるくなって、ウイルスがうつっていることが今月こんげつ3日みっかにわかりました。

母親ははおや世話せわをしていた女性じょせいは、今月こんげつ1日ついたちにせきがすこて、あたまいたくなりました。ねつたかくなかったので普通ふつうのかぜだとおもっていました。しかし、母親ははおや病気びょうきがウイルスが原因げんいんだとわかったため、女性じょせい検査けんさけて5日いつかにうつっていることがわかりました。

女性じょせいは「ウイルスがうつったひとちかくにいなかったら、病院びょういんかなかったとおもいます」とはなしました。そして、最初さいしょからだ具合ぐあいだけでは、ウイルスを心配しんぱいすることはできなかったとはなしました。