NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

中国ちゅうごく「アビガンというくすりあたらしいウイルスに効果こうかがあった」

Story illustration

中国ちゅうごく科学技術省かがくぎじゅつしょうは「あたらしいコロナウイルスがうつってはい病気びょうきになったひとに、インフルエンザのくすり使つかったら効果こうかがあった」といました。「アビガン」というこのくすりは、使つかったあとからだ具合ぐあいわるくなることもありませんでした。

科学技術省かがくぎじゅつしょうによると、武漢ぶかん病院びょういんで240にんしんセンの病院びょういんで80にんにアビガンを使つかいました。しんセンでは、ウイルスがなくなったとわかるまでなんにちかかるか調しらべました。アビガンを使つかったひとは、アビガンを使つかわなかったひとより日数にっすうみじかかったことがわかりました。

はい病気びょうきがよくなったひと割合わりあいは、アビガンを使つかわなかった場合ばあいは62%でしたが、使つかった場合ばあいは91%でした。

科学技術省かがくぎじゅつしょうは、アビガンはあたらしいウイルスの病気びょうきなおくすりの1つになるとかんがえて、病院びょういんなどで使つかっていくことにしています。