NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新潟市にいがたし保健所ほけんじょ くるまったままウイルスの検査けんさをする

Story illustration

あたらしいコロナウイルスのPCR検査けんさでは、綿わたのようなものがついたほそぼうで、のどやはなから粘膜ねんまくなどの検体けんたいって調しらべます。

新潟市にいがたし保健所ほけんじょ今月こんげつから、くるまったまま検体けんたいることができるようにしました。

検査けんさひとくるままどけると、医者いしゃがのどやはなから検体けんたいります。医者いしゃは、ウイルスがうつらないためのふくて、マスクやゴーグルをしています。時間じかんは1ぷんぐらいです。検体けんたいわったら、くるまはそのまま保健所ほけんじょます。

この保健所ほけんじょでは、ウイルスがうつったひと家族かぞくちかくにいたひとをこのやりかた調しらべています。保健所ほけんじょてもらう時間じかんめて、1にちに20にんから30にんぐらいの検査けんさをしています。