NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

川崎市かわさきし会社かいしゃが3Dプリンターでマスクをつく

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがひろがって、いまもマスクがりないままです。

神奈川県かながわけん川崎市かわさきしにある「イグアス」という会社かいしゃは、立体りったいものつくることができる3Dプリンターを使つかってマスクをつくりました。マスクをつくるためのデータを会社かいしゃのウェブサイトで紹介しょうかいしています。このデータを使つかうと、やわらかいプラスチックで立体りったいのマスクをつくることができます。

マスクは、みみにかけるゴムをつけたり、くちまえぬのやガーゼをれたりして使つかいます。あらうとなん使つかうことができます。

会社かいしゃ社員しゃいんかお調しらべて、はなやほおのかたちうようになんもマスクのかたちなおしました。

マスクをつくるデータは23にちから500かい以上いじょうダウンロードされています。会社かいしゃはしばらく無料むりょうでデータを使つかうことができるようにして、仕事しごとにするかどうかをこれからかんがえるとっています。