NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

あかるい気持きもちでいよう」ホテルのまどひかりでメッセージ

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがひろがって、東京都とうきょうと港区みなとくにあるホテルはきゃくすくなくなりました。ほとんどきゃくまっていないもあります。

このホテルではたらいているひとたちは、よるきゃくがいない部屋へや電気でんきをつけて、まどひかりでいろいろなかたちのデザインをつくることにしました。デザインは、あかるい気持きもちでいようという意味いみの「笑顔えがお」や、いえにいようという意味いみの「いえ」など、全部ぜんぶで10あります。毎日まいにち、デザインをえています。

はじめてから1かげつ、ホテルにはひかりのメッセージをひとから「ありがとう」とか「こころがあたたかくなります」というメールがたくさんています。ホテルのひとは「わたしたちも元気げんきます。いつかメールをくれたひとたちにって、ありがとうとつたえたいです」とはなしていました。