NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

アイヌ文化ぶんかつたえる「ウポポイ」をまちひとてもらう

Story illustration

北海道ほっかいどう白老町しらおいちょうにアイヌ文化ぶんか紹介しょうかいする「ウポポイ」というくに施設しせつができました。「ウポポイ」は、北海道ほっかいどうなどにむかしからんでいるアイヌのひとたちのことばで「たくさんのひと一緒いっしょうたう」という意味いみです。

9日ここのかあたらしいコロナウイルスの問題もんだいでオープンがおくれているウポポイをまちひとてもらいました。ウポポイにある博物館はくぶつかんには、アイヌの歴史れきし生活せいかつがわかるように工芸品こうげいひん資料しりょうならんでいます。ふねは、ながさが6mぐらいあって、アイヌのひとたちがむかしさかなるときに使つかっていたようです。

アイヌのウポポイ

そとのステージでは、アイヌのふるおどりや楽器がっき演奏えんそうがありました。

北海道ほっかいどうアイヌ協会きょうかいひとは「ここからアイヌ文化ぶんかをみんなにつたえていきたいとおもいます」とはなしていました。