NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナ 退院たいいんしたあとも7%のひとからだ十分じゅうぶんなおらない

Story illustration

NHKはあたらしいコロナウイルスで病気びょうきになったひと入院にゅういんしていた東京都とうきょうとにある46の病院びょういんにアンケートをしました。アンケートにこたえた18の病院びょういんでは、5がつわりまでに1370にん退院たいいんしたり、大体だいたいよくなってほかの病院びょういんにうつったりしました。そのなかの98にん、7%のひとからだ十分じゅうぶんなおらなくて、まえおな生活せいかつもどることができないことがわかりました。

このなかには、呼吸こきゅう十分じゅうぶんにできないため、いえ酸素さんそ機械きかい使つかっているひともいます。ながあいだ入院にゅういんしていたため筋肉きんにくよわくなったり、のうはたらきがまえのようにもどらないお年寄としよりもいました。このようなひとたちのほとんどは、コロナウイルスが原因げんいん病気びょうきがひどくなって、病院びょういん入院にゅういんしているときに呼吸こきゅうたすける機械きかい使つかっていました。

コロナの影響

医者いしゃは「この病気びょうきはいだけではなくて、からだのいろいろなところがわるくなることがわかりました。退院たいいんしたあとの生活せいかつのこともかんがえて治療ちりょうをしなければならないとおもっています」とはなしています。