NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

プロ野球やきゅう 試合しあいきゃくにウイルスがうつらないようにする

Story illustration

プロ野球やきゅう試合しあいが6がつ19にちはじまりました。あたらしいコロナウイルスがうつらないように、いま試合しあいきゃく会場かいじょうれていませんが、7がつ10日とおかからはきゃくれる予定よていになっています。

プロ野球やきゅうのチームの阪神はんしんは23にち、200にん招待しょうたいして、試合しあいるときにウイルスがうつらないようにする方法ほうほうをチェックしました。

ぐちには、ねつがないかどうか自動じどう調しらべる機械きかいがあります。きゃくはマスクをして、となりひとせきを3つぐらいずつけてすわりました。そして、おおきなこえさないで、拍手はくしゅだけで応援おうえんしました。

いきれた風船ふうせんをみんなでばす応援おうえんもしてはいけません。そのわりに、風船ふうせんがかいてあるタオルをあたまうえげていました。

試合しあいきゃくは「もっと応援おうえんしたいとおもいましたが、選手せんしゅこえやボールをおとこえたのでよかったです」とか「まわりのひとちかくないので安心あんしんできました」とはなしていました。