NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

マスクでくちまわりの皮膚ひふれるひとえている

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがうつらないように、マスクをする機会きかいえています。

東京都とうきょうとにある皮膚科ひふか病院びょういんなどによると、今年ことしはるごろから、くちまわりの皮膚ひふわるくなって病院びょういんひとえています。

渋谷区しぶやにある病院びょういんには、3がつから6がつ23にちまでに118にんました。去年きょねんおなじときの20ばいぐらいになっています。くちまわりやほおの皮膚ひふれたり、にきびができたり、マスクのひもがみみたっていたくなったりしています。

くわしい原因げんいんはわかりませんが、マスクがたって、皮膚ひふ表面ひょうめんれたり、かたくなったりしているためのようです。

皮膚科ひふか医者いしゃは「なが時間じかんするので、自分じぶん皮膚ひふったマスクをえらんでください」とはなしています。