NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北海道ほっかいどう小樽市おたるしでもひるのカラオケでコロナウイルスがうつった

Story illustration

北海道ほっかいどうでは6がつ28にちあたらしいコロナウイルスがうつったひとが17にんいました。5がつ25にちに「緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん」をやめたあとではいちばんおおくなりました。

小樽市

14にんは、小樽市おたるしの3つのみせひるにカラオケをしていたひとたちでした。みせにいたひとあいだで、ウイルスがうつったようです。小樽市おたるしひるのカラオケでウイルスがうつったひと全部ぜんぶで33にんになりました。このなか1人ひとりくなりました。

カラオケ

ひるのカラオケは、なが時間じかんみせなかひとあつまって利用りようするため、ウイルスがうつりやすくなっています。このため、小樽市おたるしは、みせひるにカラオケをしないでほしいとっています。

北海道ほっかいどうでは札幌市さっぽろしでも、ひるにカラオケができるみせでたくさんのひとにウイルスがうつっています。