NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

2日ふつかよるえた「火球かきゅう」 宇宙うちゅうからきたいし千葉県ちばけんつかる

Story illustration

2日ふつか午前ごぜんはんごろ、関東かんとうなどいろいろなところで、たくさんのひとが「火球かきゅう」というおおきなながぼしました。

千葉県ちばけん習志野市ならしのしのマンションにんでいるひとは「火球かきゅう」がえた時間じかんなにかがぶつかるおおきなおときました。そして、玄関げんかんまえで1つ、にわで1つのいしつけました。

国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかん調しらべると、宇宙うちゅうからきたことがわかる放射線ほうしゃせんていました。このため、2つのいし隕石いんせきだとわかりました。

博物館はくぶつかん直径ちょっけい6cmぐらいの1つのいしれて、2つのいしになったとかんがえています。いしおもさは1つが63g、もう1つが70gでした。博物館はくぶつかん世界せかい学会がっかいに、このいしを「習志野隕石ならしのいんせき」という名前なまえ登録とうろくしてもらう予定よていです。