NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

土用どようのうしの」 今年ことしはうなぎがすこやす

Story illustration

がつ21にちは「土用どようのうしの」です。日本にっぽんではこのに、うなぎをべる習慣しゅうかんがあります。

日本にっぽんべるうなぎのほとんどは、うみでとったちいさいうなぎをいけおおきくそだてたものです。水産庁すいさんちょうによると、去年きょねんあきから今年ことしはるまでにちいさいうなぎがたくさんとれたため、今年ことしそだてているうなぎのりょう去年きょねんより30%ぐらいおおくなっています。

このため、うなぎの値段ねだんすこやすくなっています。スーパーのイオンでは1ぴき値段ねだんが2080えんで、去年きょねんより10%ぐらいやすっています。

今年ことしあきからは、おおきくなったうなぎがえるので、値段ねだんがもっとやすくなりそうです。

日本にっぽんべている種類しゅるいのうなぎはとてもすくなくなっていて、なくなる心配しんぱいがあります。水産庁すいさんちょう世界せかいくに協力きょうりょくして、うなぎがなくならないようにまもっていくとっています。