NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

専門家せんもんか「コロナウイルスがうつる危険きけんがみんなにある」

Story illustration

がつ23にちから26にちまでのやすみのあいだ、たくさんの都道府県とどうふけんで、あたらしいコロナウイルスがうつったひといままででもっとおおくなりました。日本感染症学会にほんかんせんしょうがっかい舘田たてだ一博かずひろ理事長りじちょうは「友達ともだち食事しょくじをしたりおさけんだりしたときにもうつっています。ウイルスがうつる危険きけんがみんなにあります。とてもあぶないです」とっています。

ウイルスがうつって病気びょうきになったひとかずは、きゅうえた3がつから4がつくらべると、いまえるスピードがおそくなっています。舘田たてだ理事長りじちょうは「もしウイルスで病気びょうきになるひときゅうえたら、くにがまた『緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん』をすことも必要ひつようになります」とっています。

政府せいふ西村にしむら大臣だいじんも「病気びょうきになるとひどくなる危険きけんがある60さい以上いじょうひとに、ウイルスがうつることもえています。病院びょういんなどで十分じゅうぶん治療ちりょうできるように準備じゅんびしています」とっています。