NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

専門家せんもんか「ウイルスのひろがりかたは1週間しゅうかんずつ調しらべることが大切たいせつ

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがうつったことがわかったひとは29にち日本にっぽんで1264にんいました。1にちに1000にん以上いじょうになったのははじめてです。

しかし、データをあつめるのがおくれたりするため、1にちずつのかずおおきくえたりったりすることがあります。

このため専門家せんもんかは、ウイルスのひろがりかたただしく調しらべるためには、1にちずつではなくて、1週間しゅうかんずつの平均へいきんのデータが大切たいせつだとっています。東京とうきょう場合ばあい、7がつ20日はつかまでの1週間しゅうかん平均へいきんは219にん、23にちまでが254.3にん、27にちまでが252.3にんでした。すこしずつえていることがわかります。

日本感染症学会にほんかんせんしょうがっかい舘田たてだ一博かずひろ理事長りじちょうは「1週間しゅうかんずつのデータをても、東京とうきょう大阪おおさかなどではウイルスがうつったひとえています。これからもっとひろがることを心配しんぱいしています」とはなしています。