NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ウイルスにけないようにするねむかた

Story illustration

あつなつは、よくねむることができなくなります。ねむることとからだ関係かんけいについて研究けんきゅうしている西野にしの精治せいじさんにはなしきました。

西野にしのさんによると、よくねむることができないと、からだなかでウイルスがえないようにするはたらきがよわくなって、病気びょうきになりやすくなります。よくねむると、のうもしっかりやすむことができて、からだ元気げんきになります。西野にしのさんは、ねむはじめてから90ぷんあいだにいちばんよくねむることができるので、この時間じかんがとても大切たいせつだとっています。

西野にしのさんは「風呂ふろはいってからだあたたかくしてからると、よくねむることができます。ねむまえにスマートフォンを使つかうと、のう昼間ひるまのようにはたらいてしまうので、よくねむることができなくなります」とっています。