NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス 病院びょういんなどで使つか特別とくべつなマスクを日本にっぽんつく

Story illustration

病院びょういんなどで使つか特別とくべつなマスクは、フィルターでウイルスがはいらないようにしてあります。あたらしいコロナウイルスがひろがって、世界中せかいじゅう使つかうようになりました。日本にっぽんは、このマスクのほとんどを中国ちゅうごくなどから輸入ゆにゅうしているため、りなくなるかもしれません。

このため、大阪おおさかにある「国立こくりつ循環器病じゅんかんきびょう研究けんきゅうセンター」と2つの日本にっぽん会社かいしゃのチームが、病院びょういん使つか特別とくべつなマスクをつくりました。

このマスクは一部いちぶがプラスチックでできていて、フィルターをえるとなんかい使つかうことができます。

アメリカや日本にっぽんには病院びょういん使つか特別とくべつなマスクの基準きじゅんがあります。チームは、このマスクが基準きじゅんっていることをたしかめたあと、来年らいねんから日本にっぽん工場こうじょうでたくさんつくりたいとっています。