NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス 病気びょうきなおったひと抗体こうたいつくったくすり試験しけん

Story illustration

あたらしいコロナウイルスでからだ具合ぐあいわるくなっても、なおったひとがたくさんいます。なおったひとからだには、コロナウイルスからからだまも抗体こうたいができているというかんがえがあります。

アメリカの研究所けんきゅうじょ中心ちゅうしんになって、この抗体こうたいあつめてつくったくすり試験しけんはじまりました。世界せかいのいろいろな研究所けんきゅうじょなどが試験しけんおこないます。日本にっぽん国立こくりつ国際医療研究こくさいいりょうけんきゅうセンターと愛知県あいちけん藤田医科大学ふじたいかだいがくおこないます。

日本にっぽんでは、あたらしいコロナウイルスで病気びょうきになった10にんにこのくすり使つかって、1かげつぐらいからだ具合ぐあいをチェックします。いろいろなくにから試験しけんのデータをあつめて、くすりにどのくらい効果こうかがあるか調しらべます。

国立こくりつ国際医療研究こくさいいりょうけんきゅうセンターは「あたらしいコロナウイルスの病気びょうきなお方法ほうほうはまだありません。このくすり安全あんぜん効果こうかがあることがわかったら、なお方法ほうほうの1つになるかもしれません」とっています。