NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

仕事しごとがなくなってこまっているひとから相談そうだんがたくさんあった

Story illustration

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、仕事しごとがなくなったりしたひとたすけるために、東京とうきょう相談そうだんかいがありました。

会場かいじょうでは、生活せいかつこまっているひとのための生活保護せいかつほごのおかねをどうやってもらったらいいかなどを説明せつめいしました。そして、相談そうだんひとたちに弁当べんとうものわたしていました。

相談そうだんた60さい男性だんせいは「仕事しごとがなくなって、12がつわりから食事しょくじは1にちかいだけです。ここに頑張がんばろうという気持きもちになりました」とはなしていました。

12がつ31にちと1がつ1日ついたち3日みっか相談そうだんかいで、100けんぐらいの相談そうだんがありました。このかいひらいた団体だんたいは、相談そうだんひとたちの生活保護せいかつほごもうみを手伝てつだうことにしています。