NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

滋賀県しがけん神社じんじゃ家族かぞく健康けんこういのる「能始のうはじめ」をおこな

Story illustration

1300ねん歴史れきしがあるとわれている滋賀県しがけん多賀大社たがたいしゃでは、毎年まいとしがつ3日みっかに「能始のうはじめ」をおこなっています。今年ことしも、こめなどがたくさんれることや家族かぞく健康けんこういのって、「おきな」というのういました。

滋賀県しがけんからひとは「のうのゆっくりしたうごきをこころしずかになりました。あたらしいコロナウイルスの問題もんだいわって、普通ふつう生活せいかつもどってほしいとおもいます」とはなしていました。

この神社じんじゃには、毎年まいとしがつ1日ついたちから3日みっかあいだに40まんにんぐらいがます。しかし、今年ことしはコロナウイルスの問題もんだい神社じんじゃひとは、いつものとしの20%ぐらいでした。