NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

子宮頸しきゅうけいがんの母親ははおや どもをむとき「がん」がどもにうつった

Story illustration

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターなどのグループは、はいがんだとわかった1さいと6さいおとこのがんの細胞さいぼう調しらべました。2人ふたり母親ははおや子宮頸しきゅうけいがんでした。そして、2人ふたりおとこはいがんは母親ははおやのがんが原因げんいんだとわかりました。

どもがはいがんになることはほとんどありません。研究けんきゅうグループは、あかちゃんがまれるときに、母親ははおや子宮しきゅうにあったがんの細胞さいぼうったため、がんがうつったとかんがえています。研究けんきゅうグループは「母親ははおやどもをむときに、このようにがんがうつったことがわかったのははじめてだとおもいます」とっています。

2人ふたりおとこのがんは、手術しゅじゅつくすりなおりました。

子宮頸しきゅうけいがんにはワクチンがあります。研究けんきゅうグループは、女性じょせい子宮頸しきゅうけいがんになったり、がんがどもにうつったりする危険きけんすくなくするために、ワクチンをけることが大切たいせつだとっています。