NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

山口県やまぐちけん周南市しゅうなんし 花粉症かふんしょうだとらせるバッジをつく

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがひろがっています。花粉症かふんしょうひとなかには、くしゃみや鼻水はなみずたときに、まわりのひとがどうおもうか心配しんぱいするひとがいます。このため山口県やまぐちけん周南市しゅうなんしは、花粉症かふんしょうだとらせるバッジをつくりました。

バッジには「わたし花粉症かふんしょうなんです」とか、山口県やまぐちけん方言ほうげんおな意味いみの「花粉症かふんしょうなんちゃ」などといています。バッジは周南市しゅうなんし職員しょくいんつくって、先週せんしゅうから無料むりょうくばっています。とても人気にんきがあるので、最初さいしょ用意よういした300全部ぜんぶなくなりました。いそいでまたバッジをつくって、今月こんげつわりまで徳山とくやま保健ほけんセンターなどでくばります。

バッジをもらった70さいぐらいの女性じょせいは「花粉症かふんしょうなので、まわりのひとがどうおもうかになっています。すぐに使つかいたいです」とはなしていました。