NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルスでおや入院にゅういん どもの世話せわをするひとがいない

Story illustration

埼玉県さいたまけん家族かぞくは8がつおっとつまどもに新型しんがたコロナウイルスがうつりました。最初さいしょはみんないえやすんでいましたが、50さいぐらいのおっとと40さいぐらいのつま具合ぐあいわるくなって入院にゅういんしました。おっとはい病気びょうきがひどくなってくなってしまいました。どもは、ワクチンをけた親戚しんせき世話せわをしています。

埼玉医科大学さいたまいかだいがくおか秀昭ひであき教授きょうじゅは「家族かぞくみんなにウイルスがうつって、両親りょうしん病気びょうきがひどくなることがおおくなっています。どものためにたすけたいと頑張がんばっても、くなってしまうことがあります」とはなしていました。

東京とうきょう港区みなとくは、新型しんがたコロナウイルスの病気びょうきおや入院にゅういんして、親戚しんせきなどが世話せわをすることができないどもをあずかっています。去年きょねん4がつからは、りたホテルで、保育士ほいくしが18さいよりちいさいどもの世話せわをしています。PCR検査けんさでウイルスがうつっていないことを調しらべてからあずかります。