NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

パラリンピック アフガニスタンの女性じょせい選手せんしゅ試合しあい

Story illustration ザキアフダダディ選手

東京とうきょうパラリンピックで9がつ2日ふつか、テコンドー女子じょし49kgきゅう試合しあいにアフガニスタンのザキア・フダダディ選手せんしゅました。フダダディ選手せんしゅは22さいで、まれたときからうで障害しょうがいがあります。

アフガニスタンでは政府せいふがなくなって、東京とうきょうパラリンピックに選手せんしゅることができないとっていました。フダダディ選手せんしゅはインターネットで「アフガニスタンの女性じょせい大会たいかい権利けんりをなくさないでください」とっていました。そのあと、選手せんしゅくにて、フランスから飛行機ひこうき日本にっぽんることができました。

しろいベールをかぶったフダダディ選手せんしゅは、最初さいしょにウズベキスタンの選手せんしゅ試合しあいをして、けました。つぎ試合しあいでは、途中とちゅうまでウクライナの選手せんしゅっていましたが、けてしまいました。

フダダディ選手せんしゅは、パラリンピックにたアフガニスタンの2人ふたり女性じょせいになりました。