NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

台風たいふうのとき情報じょうほう翻訳ほんやくしてつたえたネパールじん表彰ひょうしょうする

Story illustration

おととし10がつ台風たいふうあめがたくさんりました。そのとき、栃木県とちぎけんんでいるネパールじんのルイテル・マヘスさんは、安全あんぜんのための情報じょうほう日本語にほんごからネパール翻訳ほんやくして、SNSでつたえました。台風たいふうのあとは、こまっているひとのためにほかの外国人がいこくじん一緒いっしょにボランティアをしました。

日本にっぽん政府せいふは、マヘスさんが台風たいふう危険きけんになったひとのためにやくつことをしたといました。そして今月こんげつ5日いつか、マヘスさんを表彰ひょうしょうするしきがありました。

マヘスさんは「災害さいがいのときただしい情報じょうほうらなくて、いのち危険きけんになることもあります。これからも、外国人がいこくじんがよくわかるように情報じょうほうつたえていきたいです」とはなしました。いま、マヘスさんは新型しんがたコロナウイルスやワクチンの情報じょうほうをネパール翻訳ほんやくしてつたえています。