NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

伊豆いず大島おおしま噴火ふんかから35ねんつぎ噴火ふんかがあってもへんではない」

Story illustration

1986ねん11がつ21にち東京とうきょう伊豆いず大島おおしまおおきな噴火ふんかがありました。溶岩ようがんいえちかくまでて、んでいた1まんにんぐらいのひとしまそとげました。

伊豆いず大島おおしまでは1876ねんからいままでにおおきな噴火ふんかが4かいありました。どの噴火ふんかも35ねんから40ねんぐらいがぎるあいだこっています。

気象庁きしょうちょうによると、伊豆いず大島おおしまでは最近さいきん火山かざん地震じしんなどがすくなくて、すぐに噴火ふんかする心配しんぱいはありません。

しかし専門家せんもんかは「データをるとマグマがたくさん地下ちかにたまっている可能性かのうせいがあります。まえ噴火ふんかから35ねんぎました。つぎ噴火ふんかがあってもへんではありません」とっています。そして「しまひとは、地震じしんがあったり地面じめんれたりしていた場合ばあい役所やくしょってください。いつでもげる準備じゅんびをしておいてください」とはなしています。