NHK News Web Easierイーシア

Single Story

宇宙うちゅうかさのようにひろげるアンテナを千葉ちば大学だいがくがつくる

Story illustration

千葉ちば大学だいがくのグループは、宇宙うちゅうかさのようにひろげるちいさいアンテナをつくりました。このアンテナは、レーダーで地球ちきゅう地形ちけいなどを調しらべる人工衛星じんこうえいせい使つかいます。

このアンテナは、とてもほそ金属きんぞくいとんでつくりました。ちいさくりたたんで、たてよこが80cmぐらいの人工衛星じんこうえいせいなかれることができます。ひろげると、おおきさは直径ちょっけい3.6mになります。

レーダーで調しらべる人工衛星じんこうえいせいは、アンテナをちいさくすることがむずかしかったため、いままでは1だいつくるのに100おくえん以上いじょうかかりました。千葉ちば大学だいがくは、10おくえん以下いか人工衛星じんこうえいせいをつくって、2020ねんげたいとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)