NHK News Web Easierイーシア

Single Story

宇宙うちゅうごみの問題もんだい 向井むかい千秋ちあきさんが国連こくれん委員会いいんかい議長ぎちょうになる

使つかわったあとも宇宙うちゅうのこっているロケットや人工衛星じんこうえいせいなどを「宇宙うちゅうごみ」といます。おおきさが10cm以上いじょう宇宙うちゅうごみは2まん以上いじょうあるとわれていて、1びょうに8kmのはやさで地球ちきゅうまわりをまわつづけています。いま使つかっている人工衛星じんこうえいせい国際こくさい宇宙うちゅうステーションにぶつかる危険きけんがあるため、国連こくれんの「科学技術小委員会かがくぎじゅつしょういいんかい」はどうしたらいいかかんがえています。

この委員会いいんかい議長ぎちょう仕事しごとを1がつ30にちから1ねん日本人にっぽんじん向井むかい千秋ちあきさんがすることにまりました。向井むかいさんは日本人にっぽんじん女性じょせいはじめての宇宙飛行士うちゅうひこうしで、1994ねんと1998ねんにスペースシャトルで宇宙うちゅうきました。

向井むかいさんは「宇宙うちゅうをもっと利用りようするようになったら、宇宙うちゅうごみもえます。世界せかいくに意見いけんいてルールをつくることができるように、しっかり仕事しごとをしたいです」とはなしました。

See on NHK News Web Easy (if still available)