NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

バスがはしらなくなったまち 自分じぶんたちでバスの運転うんてんはじめる

Story illustration

京都市きょうとし山科区やましなく小金塚こがねづかやまちかくにあって、1000ぐらいの家族かぞくんでいます。まちのなかをバスの会社かいしゃのバスがはしっていましたが、ひとすくなくて、会社かいしゃは3がつ運転うんてんをやめました。

このため、まちのひとたちは自分じぶんたちでバスの運転うんてんはじめました。京都市きょうとしからたおかねで、8にんることができるくるまりました。

あたらしいバスは、今月こんげつ1日ついたちからはしっています。おおいときは1にちに24かい、1.6kmのみちを10ぷんぐらいではしります。どこでも自由じゆうったりりたりすることができます。バスにひとは、ガソリンのおかねを1ねんに1200えんはらいます。1にちに100にんぐらいっています。

バスをはじめたひとは「生活せいかつのためにバスが必要ひつようです。ったひとのうれしそうなかおると頑張がんばりたいとおもいますが、いつまでつづけることができるか心配しんぱいもあります」とはなしていました。