NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

べることができるむし自動販売機じどうはんばいき

Story illustration

将来しょうらい世界せかいものりなくなったとき、むしべたらたんぱくしつることができるとわれています。

長野県ながのけん高森町たかもりまちのキャンプなどをする施設しせつに、べることができるむし自動販売機じどうはんばいきができました。コオロギやバッタなどのむしあぶらげたり、いたりした18の商品しょうひんっています。

この自動販売機じどうはんばいきいた大澤おおさわ麻実あさみさんは、先月せんげつ長野県ながのけん阿智村あちむらにもむし自動販売機じどうはんばいききました。大澤おおさわさんによると、全部ぜんぶれてしまった商品しょうひんもありました。

大澤おおさわさんは「長野県ながのけんにはむしべる文化ぶんかがあるので、自動販売機じどうはんばいき使つかって、もっとおおくのひとべてもらいたいです。チョコレートなどいろいろなあじがあるので、どもや女性じょせいにもたのしんでほしいです」とはなしていました。