NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

石川県いしかわけんおおきな地震じしんつづく「1週間しゅうかんぐらいをつけて」

Story illustration

19にち午後ごご3ごろ、石川県いしかわけんでマグニチュード5.4の地震じしんがありました。珠洲市すずしではおおきくれて、震度しんど6じゃくでした。能登町のとちょう震度しんど5じゃく輪島市わじまし震度しんど4でした。珠洲市すずしにある春日神社かすがじんじゃでは、いしでできた鳥居とりいれて、たおれました。

春日神社の鳥居

20日はつか午前ごぜん10はんごろにも、おな地域ちいきでマグニチュード5.0の地震じしんがありました。珠洲市すずし震度しんど5きょう能登町のとちょう震度しんど4でした。

19にち20日はつか地震じしんのあと、津波つなみはありませんでした。

気象庁きしょうちょう20日はつか地震じしんのあと、「おおきくれたところでは、いえこわれたり、やまがけくずれる危険きけんたかくなっています。また地震じしんこったりあめったりすると、くずれるかもしれないため、危険きけんところかないでください」といました。

この地域ちいきでは地震じしんが1ねん以上いじょうつづいています。気象庁きしょうちょうは、これからも地震じしんつづくとかんがえて、1週間しゅうかんぐらいはをつけてほしいとっています。