NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

大腸だいちょうのがんを40%つけられなかった可能性かのうせい 青森県あおもりけん

Story illustration

青森県あおもりけんは、がんでくなったひと割合わりあいが12ねんつづけて日本にっぽんもっとたかくなりました。このためけんは、2011年度ねんどに10のまちむらでがんがあるかどうかチェックする検査けんさけた2まん5000にん調査ちょうさをしました。

その結果けっか検査けんさ問題もんだいないとわれてから1ねん以内いないに、のがんだとわれたひとが40%いました。大腸だいちょうのがんは42.9%、子宮しきゅうぐちのがんは28.6%、はいのがんは16.7%、乳房ちぶさのがんは14.3%でした。大腸だいちょうのがんの検査けんさでは、40%ぐらいをつけることができなかった可能性かのうせいがあります。

この調査ちょうさをした弘前ひろさき大学だいがく松坂まつざか方士まさしさんは「40%はおどろくほどたかいです。これが、がんでくなるひとおお原因げんいんの1つかもしれません。もっといい検査けんさにしなければなりません」とはなしています。

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターは「青森県あおもりけん以外いがいでも調査ちょうさをしたほうがいいとおもいます」とっています。