NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

3Dカメラでひとつけて踏切ふみきり事故じこをなくす

Story illustration

踏切ふみきり電車でんしゃひとくるまにぶつかる事故じこが、最近さいきんの5ねんに1000けんぐらいありました。450にん以上いじょうくなっています。お年寄としよりが踏切ふみきりわたっているときの事故じこえています。

西武鉄道せいぶてつどう事故じこをなくすため、あたらしく2つのシステムを使つかうことにしました。1つは、踏切ふみきりにあるカメラの映像えいぞうをAIで調しらべるシステムです。踏切ふみきりなかひとがいないかどうか、うつっているもののかたちをAIがチェックします。もう1つは3Dカメラで、うつっているもののたかさやあつさでひとつけます。

どちらも、遮断機しゃだんきぼうがりはじめてから踏切ふみきりなかひと自転車じてんしゃがいる場合ばあい電車でんしゃ運転うんてんしているひとらせます。今月こんげつ14日じゅうよっかから、くるまとおらない3つの踏切ふみきり使つかはじめます。

くにによると、踏切ふみきり事故じこをなくすために3Dカメラを使つかうのは日本にっぽんはじめてです。