NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

おおきな地震じしんのときのために消防しょうぼう隊員たいいんあつまって訓練くんれんをした

Story illustration

くには、東海地方とうかいちほうから西にし太平洋たいへいようそこにある「南海なんかいトラフ」というところで、将来しょうらいとてもおおきな地震じしんこりそうだとかんがえています。この地震じしんのときのために13にち静岡県しずおかけんの12の会場かいじょう消防しょうぼう隊員たいいんたちが訓練くんれんをしました。日本にっぽん全部ぜんぶ都道府県とどうふけんから3000にんぐらいがあつまりました。

地震じしんのときは、やまなどがくずれたり津波つなみたりして、くるまなどでひとたすけにくことがむずかしいことがあります。このため、りくでもみずなかでもすすむことができるくるま使つかって、つちなかまったいえからひとたすける 訓練くんれんをしました。

訓練くんれんおこなった総務省消防庁そうむしょうしょうぼうちょうひとは「地震じしんがあったときに、隊員たいいんたちがはやあつまることができるようにしていきたいです」とはなしていました。