NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

大阪おおさか道頓堀川どうとんぼりがわ ニホンウナギがんでいることがわかった

Story illustration

ニホンウナギはとてもすくなくなっていて、将来しょうらい自然しぜんなかにいなくなる心配しんぱいがあります。環境省かんきょうしょうなどが、大切たいせつにしなければならないものめています。

大阪府おおさかふ研究所けんきゅうしょなどは去年きょねん11がつ大阪市おおさかし道頓堀川どうとんぼりがわで、ウナギがんでいるか調しらべました。道頓堀川どうとんぼりがわはとてもにぎやかなところにあります。そしてニホンウナギ11ぴきつかまえました。いちばんおおきなウナギはながさが60cmありました。

大阪府おおさかふのほかのかわにウナギがんでいることはわかっていました。研究所けんきゅうしょは、道頓堀川どうとんぼりがわ専門家せんもんかがウナギをつけたのははじめてだとっています。

研究所けんきゅうしょひとは「ウナギと、えさになるさかなやエビ、カニなどが一緒いっしょ生活せいかつしていることがわかりました。道頓堀川どうとんぼりがわは、よごれたかわなにむことができませんでしたが、いまはきれいになっています」とはなしています。