NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

新型しんがたコロナ インフルエンザより後遺症こういしょう割合わりあいたか

Story illustration

名古屋工業大学なごやこうぎょうだいがくのグループは、新型しんがたコロナウイルスとインフルエンザがうつったあとの後遺症こういしょうについて調しらべました。

グループは、2019ねん1がつから3がつ病院びょういんった29まんにん記録きろく調しらべて、インフルエンザがうつったひととうつっていないひとくらべました。インフルエンザがうつってから2かげつ以内いないに、せきやあたまいたくて病院びょういん割合わりあいは、1.8ばいでした。

新型しんがたコロナウイルスについては、去年きょねんはじめごろにうつったひと調しらべました。うつったひとがせきで病院びょういん割合わりあいは、うつっていないひとくらべて8.2ばいでした。いきくるしいひとは7.92ばいあじやにおいがしないひとは5.97ばいからだがだるいひとは3.64ばいでした。

グループは、新型しんがたコロナウイルスのほうがインフルエンザより後遺症こういしょう割合わりあいたかいとっています。