NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

はなしたことばをえる技術ぎじゅつ デフリンピックのために実験じっけん

Story illustration

みみ障害しょうがいがあるひとたちのスポーツの世界せかい大会たいかい「デフリンピック」が、東京都とうきょうとで2025ねんにあります。印刷いんさつ会社かいしゃなどは、はなしたことばを自動じどうにして、画面がめん技術ぎじゅつつくりました。みみ障害しょうがいがあるひとたちの空手からて大会たいかいで、この技術ぎじゅつ使つかってみる実験じっけんがありました。

会場かいじょう受付うけつけ画面がめんとタブレットがいてあります。はなしたことばはになってえて、みみ障害しょうがいがあるひとつたえることができました。

利用りようした男性だんせいは「手話しゅわができないひととも会話かいわができてよかったです。かおながら会話かいわができて、気持きもちもわかりました。通訳つうやくひとがいない場所ばしょなどにいてほしいです」とはなしていました。

東京都とうきょうとは、この技術ぎじゅつをデフリンピックで使つかうことができるようにしたいとかんがえています。